twilight 

 
作詞 作曲 小渕健太郎
 
離れ離れになってからの方が ずっと君をそばに強く感じてる
君の事考えずに過ぎた日など 思い出せない
心配かけるのが 君の何よりの得意技で
安心させ なだめるのが 僕の返し技だった
 
在我們變得若即若離後     才反而更強烈感受到你的存在
我回想不起  有哪一天不想著你
讓我操心   是你最擅長的招數
讓你安心  平復你情緒 是我的還擊
 
傘の左端に寄る癖が治らない君は
左肩の鞄がいつもびしょ濡れで
今はまだ 右側を空けてしまう訳は
きっと 君も気付いてる
 
有站在雨傘左側壞習慣的你
左肩的包包總是濕淋淋
至今    你還把右側空下來的理由
想必    你也察覺了
 
そこに いつでも僕がいる事 想い出と手を繋いで 
僕の居ない道を 君が真っ直ぐ歩けるなら
何処にも還らない その心の中に居るよ
 
我總是   會站在那裡的這件事   讓手心與回憶牽繫     
沒有我的這條路   假使你能筆直的往前進
哪裡我也不去  只想待在你的心中
 
やたら派手な色のこのTシャツは ノリで二つ揃いを買ったんだ
一つずつじゃ成り立たない者が 幾つも残ってる
二度と袖は通さなくても あの日 笑い転げた夏の日を
大切に畳んで また しまってる
 
過度華麗顏色的這件T恤   是一時衝動買的情侶裝
單件就無法配成對的東西  留了好幾個
即使再也不會穿上   我會慎重的
將那個捧腹大笑的那個夏日 疊好收藏
 
風邪引き屋の君が弱る 冬が近づいてる
何もしてあげられないけど
僕から奪い取った あのシャツなか凌げる
どんな寒さも
 
讓容易感冒的你變的虛弱的 冬天的腳步近了
什麼也為你做不了
但從我那奪去的   那件襯衫我想應該能
抵擋所有寒冷
 
 
そこに消えない愛があること 温もりに肩埋めて
雪が包む夜を 君が真っ直ぐ歩けるなら
誰にも解かせない その心の中に居るよ
 
在那之中有不會消逝的愛   把肩膀埋入那份餘溫裡
大雪包圍的夜裡   如果你可以筆直的往前進
我會呆在    誰也猜不透的你的心中    
 
 
サヨナラが来たあの日の 一秒前に戻して
その背中抱き寄せ 僕に何ができるだろう?
雨降る傘の右側 思い出と手を繋いで
一人きりの道をぼくは真っ直ぐ歩けるかな?
誰にも似合わない この心と同じ色の
君の心 抱きしめて
 
回到那天離別時的 前一秒
我擁抱著你的背   有什麼是我能做到的?
在雨中傘的右側    讓手心與回憶牽繫
這條孤單的路我能筆直往前進嗎?
跟誰都不相配  跟我這顆心相同顏色的
你的心  我緊擁著   
 

junichi299 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()